シャッターアイランドのネタバレありの感想

 

シャッターアイランド
シャッターアイランド

 

注意。

 

本記事には映画シャッターアイランド
核心に迫る内容が書かれていますので
まだ観ていない方は引き返してください。

 

シャッターアイランドの
ネタバレなしの感想はこちら。

シャッターアイランドの感想とレビュー

 

シャッターアイランドの
ネタバレありの感想は↓

 

 

 

 

 

 

連邦保安官テディは、
実は精神疾患のある犯罪者 =
シャッターアイランドの住人だった。

 

というオチだったワケですが、
個人的には何かスッキリしませんでした。

 

というのも、
テディはシャッターアイランドの住人に
仕立て上げられてしまったのではないか?
と思ってしまったんです。

 

タバコやアスピリンで記憶を操作されて、
精神疾患のある患者だと思わされてしまったのでは?と。

 

それくらい、捻りがないと
冒頭の「シャッターアイランドを見る前の心得」が
霞んでしまうなぁ、と思ってしまいました。

 

シャッターアイランドを見る前の心得↓

  • Point1:誰も信じてはいけない
  • Point2:目線、表情を見逃してはいけない
  • Point3:あなたの脳を信じてはいけない

ま、真実は制作者にしか分からないんですけどね(^_^;)

 

普通(物語のまま)に解釈するなら、
テディは元々シャッターアイランドの住人で
最後はイカれたフリをしてロボトミー手術を
受け入れたということになります。

 

「でももしかしたら・・・?」
という予想も捨てきれない。

 

観終わった後にこんなに
もやもやする映画は珍しいです。

 

でもそこがシャッターアイランドの魅力ですね。

 

 

こちらのサイトの解説がスゴイです。
シャッターアイランドを観終わった後に
もやもやしている方は是非覗いてみてください。

 

やはり「病気説」が公式なんだろうけど
「陰謀説」も捨てがたいよなぁ・・・。

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像