シャッターアイランドの感想とレビュー

 

シャッターアイランド
シャッターアイランド

映画名 シャッターアイランド
ジャンル サスペンス
公開 2010年
監督 マーティン・スコセッシ
出演者 レオナルド・ディカプリオ(役名:テディ・ダニエルズ)
マーク・ラファロ(役名:チャック・オール)

シャッターアイランドのあらすじ

 

シャッターアイランドは精神疾患のある犯罪者を
隔離収容する孤島の刑務所。

ここで1人の女性が
謎のメッセージを残して跡形もなく消えた。

連邦保安官テディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は
事件を捜査するために新しい相棒チャック(マーク・ラファロ)と共に
島にやってくるが、テディがこの島に来たのには他にも理由があった。

シャッターアイランド – Wikipediaより抜粋

 

シャッターアイランドの感想

 

シャッターアイランドは本編に入る前に
「シャッターアイランドを見る前の心得」
という前フリがある。

 

シャッターアイランドを見る前の心得↓

  • Point1:誰も信じてはいけない
  • Point2:目線、表情を見逃してはいけない
  • Point3:あなたの脳を信じてはいけない

う~ん、サスペンス映画っぽくていいねぇ。
この前フリですごく期待が膨らみました。

 

で、肝心の中身はというと・・・

 

中だるみが激しいけど、
後半から徐々に面白くなる。

 

途中まではほんっと~に退屈な映画でした。
観ていて、何度寝落ちしてしまったことか・・・。
2回?3回?いや、もっとかも。

 

しかし、後半の展開は、
ハラハラドキドキで目が離せなくなりました。

 

ちょっと難解な話、かな?

 

YO-TAは1回観ただけじゃ
話をよく理解できませんでした。
(YO-TAがバカなだけかもしれないけど)

 

シャッターアイランドは1度観てから、
「シャッターアイランド ネタバレ」とかって検索して
色々な人の考察を読むとより一層楽しめると思う。

 

というワケで既にシャッターアイランドを観た方は
以下のネタバレありの感想へどうぞです。

シャッターアイランドのネタバレありの感想

 

シャッターアイランドの評価

 

100点満点中64点。

 

シャッターアイランドは1回目に観たときよりも
2回目に観たときやネット検索でさまざまな人の
考察を読んでいるときの方が面白い。

 

そんな不思議な魅力のある映画でした。

 

だけど、途中までがつまんな過ぎるんですよ(^_^;)
こんなに観ている最中に何度も寝ちゃった映画は久しぶりです。

 

と、そんな感じで
中だるみが激しかったことから
64点と評価させていただきました。

 

考察好きな人なら楽しめる映画だと思います。

 

 

シャッターアイランドの原作本
ちょっと読んでみたいなぁ。

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

このページの先頭へ

イメージ画像