ユージュアルサスペクツの感想と評価

 

ユージュアル・サスペクツ
ユージュアル・サスペクツ

映画名 ユージュアルサスペクツ
ジャンル サスペンス
公開 1995年(アメリカ)、1996年(日本)
監督 ブライアン・シンガー
出演者 ガブリエル・バーン(役名:ディーン・キートン)、
ケヴィン・スペイシー(役名:ヴァーバル・キント)

ユージュアルサスペクツのあらすじ

 

カリフォルニア州のある港で大規模な殺人事件が起こる。
捜査官クイヤンは事件で唯一生き残った男
ヴァーバル・キントを呼び出す。

ヴァーバルはその殺人事件が起こるまでの過程
起こったときの様子を詳細に語る。

そして、ヴァーバルは事件の元凶であり実行者である、
顔も声も知らずただ伝説的な噂のみが独り歩きする
謎のギャング「カイザー・ソゼ」の名前を口にする。

はたして、カイザー・ソゼとは何者なのか?
事件の全容とは一体何なのか?

ユージュアル・サスペクツ – Wikipediaより抜粋

 

ユージュアルサスペクツの感想

 

カイザー・ソゼさん、っぱね~っす。

 

ここまで悪に徹した悪役も珍しい。

 

ラストシーンではカイザー・ソゼの
平然とした歩みに思わず笑っちゃいました。

 

「ちょwおまw」って。

 

ただ、誰がカイザー・ソゼか
途中で予想が付いてしまったのが残念でした。

 

こういった映画は最後まで
騙され続けた方が絶対に楽しい。

 

そういった意味でYO-TAはユージュアルサスペクツを
存分に楽しむことが出来なかったと言えるでしょう。

 

ユージュアルサスペクツの
ネタバレありの感想は以下の記事を参照。

ユージュアルサスペクツ犯人ネタバレありの感想

 

ユージュアルサスペクツの評価

 

100点満点中74点。

 

途中でカイザー・ソゼの正体に
感づいてしまったためこの点数と
させていただきました。

 

最後まで騙され続けていたら
もっと点数は上になったと思います。

 

ラストにどんでん返しがあるので
サスペンス好き、どんでん返し好きな方は
是非ユージュアルサスペクツを観てみてください。

 

衝撃のラストがあなたを待っていますよ m9( ゚Д゚) ドーン

 

 

って、「衝撃のラスト」とか言っちゃうと
ラストを予想しちゃって面白さ半減しちゃうかな?(^_^;)

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像