バタフライエフェクトのネタバレありの感想

 

バタフライエフェクト
バタフライエフェクト

 

注意。

 

本記事には映画バタフライエフェクトの
核心に迫る内容が書かれていますので
まだ観ていない方は引き返してください。

 

バタフライエフェクトの
ネタバレなしの感想はこちら。

バタフライエフェクトの感想とレビュー

 

バタフライエフェクトの
ネタバレありの感想は↓

 

 

 

 

 

 

7歳のエヴァンが
なぜ包丁を持っていたのか覚えていないシーン、
あれで一気に引き付けられました。

 

「え?え?なに?なに?なにが起こったの?」と
視聴者側としては大パニックです(^_^;)

 

サスペンス好きには
このなにがなんだか分からない状態がたまらない。

 

先を観ていけば分かりますが
あれは未来のエヴァンの記憶が介入しているから
記憶喪失になっていたんですね。

 

しかし便利な能力だ。
YO-TAも欲しいくらいです。
(そしてロト6あたりを・・・ごにょごにょ)

 

ケイリーの家族のロクでなさは異常。

 

ロリコンの父親にサドの兄(トミー)。
いや、子供の頃のエヴァンも脱がしていたから
ロリコンかつショタコンか?(爆)

 

トミーのDQNっぷりに苦しめられていたエヴァンが
トミーを殴り殺してしまう結末があったのは
無理もないことだったのかもしれない。

 

しかし刑務所にまで入るとは
エヴァンの人生もバリエーションが豊富だ。

 

ケイリーも自殺したり娼婦になったり
エヴァンに負けず劣らずのバリエーションだが。

 

エヴァンは本当に人の人生を引っかき回してばかりですね。

 

個人的には最後に選んだ世界が一番良かったと思います。
・・・当たり前か。そういう話なんだから(^_^;)

 

エヴァンとケイリーの視線が交わらないラストシーン。
あそこで2人の視線が交わりそうで交わらないところが
バタフライエフェクトが名作たる所以だろう。

 

ケイリーと決別することを選んだエヴァンが
ケイリーをストーカーする『ストーカーエンディング』や
ケイリーに声をかける『ハッピーサッピーエンディング』は蛇足と言える。

 

ストーカーエンディング、ハッピーサッピーエンディングとは
バタフライエフェクトDVD版に収録されている正規とは別のエンディング。

 

全ての複線をうまく回収したかに見える
バタフライエフェクトだが一つだけ疑問が残る。

 

エヴァンは何故あんな絵を書いたんだろう?
→ 観直したら分かりました。

 

「夢を書きなさい」って言われたから
エヴァンはそのときの願望を書いたワケですね。
(刑務所のいじめっ子2人を殺してやりたいという願望)

 

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像