バタフライエフェクトの感想とレビュー

 

バタフライエフェクト
バタフライエフェクト

映画名 バタフライエフェクト
ジャンル サスペンス
公開 2004年(アメリカ)、2005年(日本)
監督・脚本 エリック・ブレス、J・マッキー・グラバー
出演者 アシュトン・カッチャー(役名:エヴァン)

バタフライエフェクトのあらすじ

 

時折、記憶を喪失する少年だったエヴァン。

成長してからはその症状も無くなったのだがある日
その治療のために小さい頃から書いていた日記を読むと
過去に戻れる能力があることを知る。

自分のせいで幼馴染のケイリーの人生を
狂わせてしまったことを悔やみ過去に戻り
運命を変えることを決意する。

しかし、過去に戻り、選択肢を変えることにより
新たに始まる人生は、ことごとく彼を含め
彼の愛する人の誰かが幸せではなかった。

エヴァンは自分とその周りの人々が全員幸せになる人生を求め
戻るべき過去の時点とその選択肢を模索する。

バタフライ・エフェクト – Wikipediaより抜粋

 

バタフライエフェクトの感想

 

鬼面白い。

 

劇中では時折、エヴァンの記憶が喪失するのに合わせ
重要な場面が虫食いとなっている。

 

こちら側としては「この隙間にはどんな出来事があったんだ?」と
答えが知りたくて食い入るように観てしまう。

 

先を観ていけば観ていくほど
「あ~、あのシーンはそういうことだったのか」と
謎が解けていく快感がたまらない。

 

これだけ引き付けられる映画
そうそうありませんよ(((( ;゚Д゚)))

 

途中エヴァンがもがけばもがくほど
救われない展開になっていくそのさまは
観ていて気の毒にすらなりました。

 

最後の展開は・・・
あれはあれで一つの
ハッピーエンドだったのだと思います。・゚・(ノД`)・゚・。

 

バタフライエフェクトの
ネタバレありの感想はこちら。

バタフライエフェクトのネタバレありの感想

 

バタフライエフェクトの評価

 

100点満点中92点。

 

文句なしにおすすめの映画です。

 

YO-TAの好きな「どんでん返し」的な展開こそないものの
脚本・設定は極めてユニークかつ面白い。

 

エンディングの曲がoasisなのも良かった。
(YO-TAはUKロック好き)

 

メメント、フォーンブースなど
ユニークな設定が好きな方ならきっと
バタフライエフェクトにもハマります。

 

 

バタフライエフェクトを楽しめたなら
同じバタフライエフェクト効果を題材にした
Steins;Gateというゲームも楽しめるかと思います。

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. YO-TAさん
    コメントありがとうございます。

    バタフライエフェクトの感想・・・鬼面白い!!(爆)
    わかりやすすぎて吹きました。

    とてもいい映画ですよね。

    「古代に蝶が舞うと歴史が大きく変わる」ってやつですね。
    もう一回見たくなっちゃいました。

    明日広島行きの新幹線で見てみようかな★

    それにしても美しいブログ構成で
    まさにお手本のようなブログですね^^

    • YO-TA より:

      映画太郎さん

      YO-TAです。
      コメントありがとうございます^^

      映画太郎さんもバタフライエフェクト
      気に入っていただけているようで嬉しいです。

      ブログ構成も褒めていただき
      ありがとうございますm(_ _)m

  2. この作品は僕もマイベストに入ってます!

    2,3とでてますが・・・やっぱ1が最高です!


映画おすすめランキング@映画太郎 にコメントする

このページの先頭へ

イメージ画像