第9地区のラストネタバレありの感想

 

第9地区
第9地区

 

注意。

 

本記事には映画第9地区
核心に迫る内容が書かれていますので
まだ観ていない方は引き返してください。

 

第9地区の
ネタバレなしの感想はこちら。

第9地区の感想とレビュー

 

第9地区の
ネタバレありの感想は↓

 

 

 

 

 

 

ヴィカスがエビになるのは予想どおりだった。

 

謎の液体がかかってそれによる変化って
エビ化くらいしか考えられませんもんね(^_^;)

 

段々とエビになっていくヴィカスは
人間に戻る方法を模索しますが
あれだけ人間を殺しちゃったら
もう人間に戻らない方が良いと思います。

 

人間としての生を選んでも
実験サンプルにされるか
死刑になるかしかないでしょうからね。

 

意図的にそう見せてるんだろうけど
この映画にはロクな人間がいない。

 

ヴィカスは自己中心的な行動ばっかりだし、
義理の父親は半エビ化したヴィカスを
実験サンプルとしか見ていないし
MNUはいたずらにエビを殺し過ぎている。

 

人間よりもエビの方が良心的に見えてくるほどだ。
特に子連れのクリストファーは良いエビ。

 

最終的にはヴィカスとクリストファーに
友情が芽生えたかに見えるのが嬉しかったです。

 

そう、YO-TAにとって映画第9地区
『エビと人間の友情物語』です。

 

ラストシーンでは
ヴィカスのその後の行方は
不明とされています。

 

こういった視聴者がその後を妄想する映画は、
「どうせ制作者も先を考えていないんだろ?」などと
冷めた目で見ることも少なくないが第9地区は違った。

 

ヴィカスは人間に捕まらず
エビとして生涯を送った、という展開を
願わずにはいられない。

 

先ほども述べたようにヴィカスは
人間に戻らずエビとして生きた方が
幸せだとYO-TAは思っている。

 

エビとして生きても人間として処刑されても
ヴィカスの奥さんは浮かばれませんけどね。

 

 

ってか、ヴィカスとエビが性交渉して
ヴィカスがエビ女に夢中になった、
っていうデマは酷過ぎます(^_^;)

 

ヴィカスの奥さんが可哀相すぎる。

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年8月15日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:SF映画

ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像