8Mile(エイトマイル)の感想とレビュー

 

8Mile
8Mile

映画名 8Mile(エイトマイル)
ジャンル ヒューマンドラマ
公開 2002年(アメリカ)、2003年(日本)
監督 カーティス・ハンソン
出演者 エミネム(役名:ジミー・スミスJr.)、
ブリタニー・マーフィ(役名:アレックス)

8Mile(エイトマイル)のあらすじ

 

かつて隆盛を極めたアメリカの自動車産業はもはや没落した1995年。
ミシガン州デトロイトには都市と郊外を隔てる境界線がある。

「8マイル・ロード」この道は富裕層と貧困層、
そして白人と黒人を分けるラインになっている。

母と妹とトレーラーで暮らす白人青年B・ラビットこと、
ジミー・スミスJr.(エミネム)。

ガールフレンドと別れ、
アパートを追い出された彼は母親宅に転がり込むが
トレイラー・パークに住む母親(キム・ベイシンガー)は呑んだくれで、
ジミーの高校時代の上級生に骨抜きにされ、仕事も行かない。

通勤中もリリックを綴るジミーの夢は得意のラップで成功し、
いつかこの貧困や犯罪とは縁のない、8マイルの向こう側に行くこと。

しかし「ラップは黒人のもの」という世間の先入観やプレッシャーから、
友人たちの猛烈な後押しもむなしく、
シェルターで行われるMCバトルに勝ち残ることができない。

そんなある日、バイト先のプレス工場でモデルを夢見る
アレックス(ブリタニー・マーフィ)に出会う。
彼女もまた8マイルを越えたいと願う人間で二人は恋に落ちる。

だが、成り上がりたい一心のアレックスは
別の男と関係を持ち、ジミーは絶望を味わう。

それぞれの思いが交錯する中、
暴力、裏切り、貧困を乗り越えるため、
ジミーはマイクをつかむ。

8Mile – Wikipediaより抜粋

 

8Mile(エイトマイル)の感想

 

エミネムかっけ~~~!!!

 

8Mileはもうただただ
エミネムがカッコイイ映画。
(最初こそちょっとへたれていたが)

 

特に最後のパパ・ドクとの
ラップバトルは最高にイケてる。

 

あんな自虐ラップやられちゃ
パパ・ドクは何も返せないっしょ(^_^;)

 

そう、この映画の見どころは口汚いラップバトル。

 

8Mileを観ると今まで全然ラップに興味がなくても
急にラッパーぶりたくなっちゃいますYO。

 

ジミーの母親はロクなもんじゃありませんね。
呑んだくれの上に無職ときたもんだ。

 

しかも、前に通っていた学校の先輩と
母親がデキてるなんて最悪やわ(^_^;)

 

8Mileはエミネムの自伝みたいなモノだと聞いているので
もしかしたらエミネムの母親もあんな感じだったんだろうか。

 

だとしたらエミネムも苦労してきたことだろう。

 

映画8Mileのどこからどこまでが実話かは
以下の記事を参照してください。

8Mile(エイトマイル)はどこまでが実話?

 

8Mile(エイトマイル)の評価

 

100点満点中82点。

 

是非是非多くの人に観て欲しい映画。
そしてエミネムの生きざまに触れてみて欲しい。

 

スターだって元々はただのパンピー。
それがよく分かる映画です。

 

エミネムやラップに興味がなかったYO-TAでも楽しめたので
エミネムやラップに興味がある人はなお楽しめると思う。

 

 

帽子の上に更にフードを被るスタイルが
よく似合っていますね、エミネム。

 

YO-TAもミクスチャー系のバンドをやっていた頃は
よくこのスタイルを真似していましたよ(*ノノ)

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像