ソーシャルネットワークの感想とレビュー

 

ソーシャルネットワーク
ソーシャル・ネットワーク

映画名 ソーシャルネットワーク
ジャンル ヒューマンドラマ
公開 2010年
監督 デヴィッド・フィンチャー
出演者 ジェシー・アイゼンバーグ(役名:マーク・ザッカーバーグ)

ソーシャルネットワークのあらすじ

 

2003年、ハーバード大学に通う
19歳の学生マーク・ザッカーバーグは
親友のエドゥアルドとともにある計画を立てる。

それは友達を増やすため、
大学内の出来事を自由に語り合えるサイトを作ろうというもの。

閉ざされた『ハーバード』というエリート階級社会で
「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」
そんな若者らしい動機から始まった小さな計画は
いつしか彼らを時代の寵児へと押しあげてゆく。

若き億万長者は何を手に入れ、そして何を失うのだろうか?

ソーシャルネットワーク – Amazonの商品説明より抜粋

 

ソーシャルネットワークの感想

 

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)
フェイスブックの生みの親にして世界最年少の億万長者
マーク・ザッカーバーグの実話を元にした映画とのことで
以前から観てみたいと思っていました。

 

成り上がり系の話、大好きなんですよ(*^-^*)

 

映画ソーシャルネットワーク
どこまでが実話なのかは以下の記事を参照。

ソーシャルネットワークはどこまでが実話?

 

映画ソーシャルネットワークを観ていると
主人公マーク・ザッカーバーグの印象が
コロコロと変わっていきます。

 

前半では「マーク、性格曲がってるなぁw」と思い
中盤では「マーク、クズ過ぎwww」と思い
後半では「あれ?意外にマークって良いヤツ?」と
思えてくるから不思議です。

 

前半から後半まで一貫して
「気難しそうなヤツ」という印象は
変わりませんでしたけどね(^_^;)

 

実際のマークもあんな感じなのだろうか?
だとしたらフェイスブックの社員は
日々苦労していることでしょう。

 

個人的に映画ソーシャルネットワークで
気に入ったセリフは、

 

「この世界は先行者が勝つんだ」

 

「人に雇われるより仕事を創り出すのだ」

 

「ニワトリにチキンを食べさせた」

 

この3つです(・∀・)

 

3つ目はさておき、上2つは
ビジネスの本質を突いていると思う。

 

特に日本人は人に雇われるのではなく
仕事を創り出すという意識を持つべきだ。

 

不況不況と嘆いて
景気の回復をぼ~っと待つよりも
自分で儲かる事業を立ち上げてしまった方が早い。

 

ソーシャルネットワークの評価

 

100点満点中56点。

 

マークやフェイスブックの
背景を知れたという点では面白かったが
ストーリーとしては山なし谷なしだった気がする。

 

実話を元にした映画でなければ
もっと評価は落ちていただろう。

 

フェイスブックを既にやっている方や
若き起業家のサクセスストーリーに興味がある方は
それなりに楽しめると思う。

 

 

ちなみにYO-TAはフェイスブックしていません。

 

映画レビュー評価ブログ おすすめ映画の紹介 TOPへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ秘密

パワーアフィリエイト
趣味ブログを運営して稼ぐ方法。詳しくはこちらをクリック↑

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像